クロレラに含まれている栄養成分にはどのような効能があるのか

笑う女の人

糖尿病やコレステロールに

栄養剤

インスリン阻害物質を抑制

クロレラは約20億年前から生息している緑藻類という生物です。ビタミン類、ミネラル類、アミノ酸をバランスよく豊富に含んでいるのでさまざまな健康効果が期待され、人々に愛用されてきた歴史も古いものです。近年、クロレラには糖尿病や脂質異常症を予防したり症状を軽減したりする効能のあることがわかってきました。クロレラは血糖値を下げたり、脂肪の代謝を促進したりする効能を持っているのです。特に2型糖尿病の人の場合には、クロレラに病状を改善する効能があるということが解明され注目を浴びています。というのも2型糖尿病の人の体内ではインスリンの働きを低下させる物質が分泌されていますが、クロレラにはその物質を抑制する効能があるのです。

妊婦さんにもおすすめ

糖尿病のうち、特に2型の患者ではインスリンの作用を妨げるレジスチンという物質が存在することが明らかになっています。クロレラには、レジスチンの遺伝子が発現するのを抑える効能があるという研究報告が出されています。クロレラは自然界に太古の昔から存在する天然の生物ですが、それでありながら薬によらず糖尿病を予防し、症状が重くなるのを防ぐ効能を持っているのです。また、悪玉コレステロール値の高い患者の場合にも、クロレラを摂取することによって総コレステロール値が改善したという結果が出ています。さらに、胎児の健康のために妊婦が摂るとよいとされる葉酸についても、クロレラを摂っていると体内での葉酸の数値が増えるという効能が確認されているのです。